越後巡礼に関連していると思える個人的備忘録


by uncletomo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:巡礼( 11 )

 越後の曹洞禅四大道場の一つになっている旧岩室村石瀬の種月寺、今もまだ平成の大改修の最後のチェックが行われているところに訪れてみました。(ここは良いよ~とのお勧めがあったもので) 今となっては真新しい茅葺きの大屋根を見ることがほとんど無くなってしまった中で敢えて茅葺き屋根を復元したのは「立派!!」と拍手を送りたい。
 本堂で見つけた曹洞宗「きょうのおちかい」の六項目を読んでいて、大人になって忘れてしまっている自分を戒め、たくさんの苦悩の中であえいでいる現代の子供たちに是非とも考えて貰いたい内容なんじゃないかと思ったものでここに書きとめておきたい。

1,きちんとすわって 手をあわせ 静かに息をととのえよう

2,うそをつかずに 話し合い 心と心をかよわせよう

3,きょうが良い日であるように 力いっぱい がんばろう

4,不平をいわず 欲ばらず たがいに明るく ありがとう

5,ささえあってる この世界 やさしい気持ちをだれにでも

6,すべてをごらんの 仏さま 真理(しんり)のみちにめざめよう


 この一つでも忙しく過ぎていく毎日の中で忘れないようにしていきたい。

c0040694_22584719.jpg

[PR]
by uncletomo | 2008-10-10 23:01 | 巡礼
 最初に回り始めてから10年になろうとしている。機会があったらもう一度回りたいと考えていたんだけど、久しぶりに一緒に回った友人と会ってそんな話をしたら、「じゃぁ、運転は担当するから行こう」と言ってくれた。機会があったらじゃなくて機会は作らなくちゃなって考え方を切り替えて先月一発目を敢行。一月に一回くらいの頻度で、その間に写真の整理やHPの更新をする予定。
 まずはこの週末に初回分の更新を済ませてホッとしました。アクセスもほとんどないし、自己満足でしかないサイトなんだけどなぁ。
 せっかくなんだからmixiにもコミュ作っちゃおうかなぁ・・・・。でも参加人数が増えないと削除されてしまうらしいから、その当たりは問題だ。多分誰も参加してくれそうもないからなぁ。をいをい後ろ向きの考えは止めて、前向きに考えるか。ちょっと愚痴っぽくなってるなぁ。

c0040694_10132479.jpg

[PR]
by uncletomo | 2007-07-09 10:14 | 巡礼

変わっていく札所

 数年前に訪れたときと変わらない場所、え~っと思うほど変わる場所。多くの札所は前者の変わらない方だと思いますが、ここは訪れるたびに変化してる。うがった見方をすれば"商売上手"なのかも。今では道の駅まで出来ちゃって良寛さんを巻き込んだ地域活性化の中心になっているような感じを受けるのは僕だけでしょうか。

c0040694_824259.jpg

[PR]
by uncletomo | 2007-05-18 08:25 | 巡礼
 樹齢うん年という杉並木の奥に存在する禅の修行寺 慈光寺。

  「 佛道をならうというは
          自己をなるなり

     自己をならうというは
            自己をわするるなり

       自己をわするるというは
              万法を証せらるるなり 」


 なんという意味なのだろうか、難しいなぁ。

c0040694_2202494.jpg


 
[PR]
by uncletomo | 2007-02-25 22:00 | 巡礼
 暖冬のなかではありますが、寒の入りから冬型が続いて観音堂にも雪が積もりました。しかし稲島登山道は登山者が増えましたね。雪が少ないけれども下山するときには足下が滑ることを考えて途中まで簡易アイザックを付けました。ここのところお堂の入り口に鍵がかかっているので直接観音様のお顔を拝見できなくてちょっと寂しい思いをしてます。 写真は観音堂と観音堂と虚空蔵堂から見た新潟平野の様子です。
c0040694_17584150.jpg
c0040694_17583376.jpg
c0040694_17582591.jpg

[PR]
by uncletomo | 2007-01-14 17:58 | 巡礼

七福神

 この時期に物覚えが悪い(本当は頭悪い)のが露呈される事柄は「七福神」。いったい七人の神様って誰だっけ?、、、などととっさに出てこない。どんな風貌だろうという事になるとさらに怪しくなる。備忘録としているなら七福神についても残しておこうっと。画像はウィキペディアから拝借してみた。(Kuniyoshi-Utagawa)
 恵比寿・大黒天・毘沙門天(多聞天)・弁才天・(弁財天)・福禄寿・寿老人・布袋の七人。まれに寿老人が吉祥天だったりするらしい。
c0040694_11535149.jpg

[PR]
by uncletomo | 2007-01-13 11:54 | 巡礼

1年ぶりに・・・・

c0040694_21583250.jpg一昨年に左膝が痛み出してから止めていた角田山登山に行ってきました。本当に1年ぶりなので不安だったんだけど、ゆっくりと時間をかけて登ったのが良かったのでしょうか、痛みから途中で断念することもなく無事に下山できたので本当に嬉しかった。新潟は年末年始と天候に恵まれ、今日も快晴で登山に訪れる人がたくさんいました。
 久しぶりに薬師如来堂、地蔵観音、不動滝の不動明王、虚空蔵菩薩、向道観音にお参りすることが出来て良かった良かった。
c0040694_21591878.jpg

[PR]
by uncletomo | 2007-01-03 22:10 | 巡礼

僧行基

c0040694_11453253.jpg 池宮彰一郎氏の著書「けだもの」を読んでいて僧行基(行儀菩薩)の名前があった。その一節には「加賀山代の湯は、神亀二年(725)全国行脚を続けていた僧行基が発見したという伝説がある・・・・」と。
 越後三十三観音霊場の札所の観音像は行基作というのが多かったような気がする。行基は大阪に生まれて、確かに全国行脚していたけど、いったいどれくらいの仏像を彫ったのだろうか。
[PR]
by uncletomo | 2005-02-13 11:48 | 巡礼



 漫画家の柴門ふみさんが連載していた「ぶつぞう入門」単行本化されて文芸春秋から出版されています。堅くなくて読みやすいようです。図書館で借りて読もうかなぁ。(苦笑)
[PR]
by uncletomo | 2005-01-24 13:30 | 巡礼

天上天下唯我独尊


 聞いたことはあるけど、詳しい意味はわからない。単純に文字そのままを受け取れば、かなり独裁者的な意味あいに取れないこともありません。
 釈迦の誕生はマーヤ夫人が里帰りの途中に、無憂樹の花咲く園で、右腕を上げて樹につかまろうとしたとたん、陣痛がおこり、右脇腹から生まれたというのです。しかも、生まれてすぐに四方にそれぞれ七歩あゆみ、右手を天を指し、左手は地を示し、「天上天下唯我独尊」と唱えたというのですから驚きですね。
[PR]
by uncletomo | 2005-01-23 22:56 | 巡礼